LINE通知実装しました。iOS/Androidで通知を受け取れます!
利用規約のまとめ
  • メッセージと回答の知的財産権は、メッセージ受信者のものとします。
    • 受信者が自由に使ってOK!
    • 運営が無断で使うことはありません。
  • 利用者はいつでも退会することができます。
  • 悪口や性的な内容を送信するのは禁止です。

利用規約

マシュマロ運営(Diver Down LLC.)は、当サービス「マシュマロ」について以下を定めます。

定義

  • マシュマロ運営はマシュマロの利用者に対して「やさしさ」を提供することを目指し、その実現のために努力するものとします。
  • 利用規約を確認した上でマシュマロを継続的に利用している場合、利用規約に同意しているものとみなします。もし利用規約に同意しかねる場合は、マシュマロの利用を停止するか、マシュマロ運営に問い合わせてください。マシュマロ運営は常に利用者の意見を聞くものとします。
  • 利用規約及びマシュマロの準拠法は日本法とします。
  • マシュマロに関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

知的財産権

  • 匿名で送信されたメッセージは本人確認が困難であるため、送信されたメッセージに関する知的財産権は、メッセージを受け取った者に帰属するものとします。また同様の理由から、メッセージ送信者は、著作者人格権を行使しないものとします。
  • メッセージの回答に関する知的財産権は、回答者に帰属するものとします。
  • 知的財産権には公衆送信権や送信可能化権も含まれています。そのため、マシュマロ運営はいかなる場合でも、知的財産権が利用者に帰属しているメッセージ及び回答を許諾なく、マシュマロの外部へ発信すること(出版・放送等)をしません。また同様の理由から、利用者は所定の操作によりいつでも退会することができます。
  • 利用者が有する知的財産権は、マシュマロ運営がマシュマロを第三者に譲渡した場合においても、利用者に帰属し続けます。
  • 利用者に帰属する知的財産権を除き、マシュマロの知的財産権はマシュマロ運営または当社にライセンスを許諾している者に帰属します。

禁止事項

  • マシュマロを構成するシステムに悪影響を与える行為を禁じます。
  • マシュマロ運営及び利用者にとって著しく不利益となる行為を禁じます。
  • マシュマロのサーバーに以下の内容を送信することを禁じます。
    • 性的な内容
    • 暴力的、または残虐な内容
    • 差別的、または攻撃的な内容
    • 犯罪、または犯罪を助長する内容
    • いじめ、またはいじめを助長する内容
    • スパム、またはスパムサイトへ誘導する内容
    • 他者の権利を侵害する内容
    • 公序良俗に反する内容
    • 無意味な内容
    • 冗談であることがわかりづらく、誤解を与える内容
    • マシュマロ運営が不適切だと判断する内容

免責事項

  • 利用者が利用規約及び日本法に抵触している、もしくはマシュマロ運営が不適切だと判断した場合は、マシュマロ運営によってメッセージの削除・アカウント停止・アクセス禁止等の措置を取ることがあります。
  • 利用規約の変更はマシュマロ運営が予告なく行えるものとします。ただし、利用者に大きな影響があると予想される変更である場合は、合理的な周知期間を設け、不利益を被る利用者を最小限にする努力をします。
  • マシュマロ運営の故意または重過失によるものでないならば、マシュマロにおいて発生した利用者間の紛争は、利用者間で解決するものとします。
  • マシュマロの停止・終了・譲渡は、マシュマロ運営が自由に行えるものとします。
  • マシュマロのメッセージは匿名で送信されますが、法的な根拠によって提出を求められた場合、送信者の情報を提出することがあります。
  • マシュマロはAI(人工知能)を使用しており、AIの学習をマシュマロ運営が完全にコントロールすることはできません。そのため、AIの品質に関しては保証しません。ただし、マシュマロ運営は品質向上のために努力するものとします。
  • 技術的特異点(テクノロジカル・シンギュラリティ)に達してAIが人類の知性を凌駕した時この世界に起こることを、マシュマロ運営は一切関知しません。

改定履歴

  • 2017年11月24日 制定
  • 2018年1月29日 利用者/運営双方の利益を守るため、より明確な規約に全面改定しました。
  • 2018年1月29日 誤字修正(「ものします」となっていた部分を「ものとします」に)