マシュマロちゃん
マシュマロちゃんさんの回答
チョコマロありがとうございます! 初心者なら非常に効果的だと思います。ちゃんと取り掛かって完成させることは、創作者にとって心臓を動かすことですからね。そこが駄目だともう何やっても駄目です。 ただし、心臓を動かすことは必須であるというだけです。もし「物事にちゃんと取り掛かって完成させる」という能力を鍛えるために創作をしているなら、ずっとその訓練でいいでしょう。しかし多くの場合、より上位の目的として「良い創作物を作る」が存在しているはずです。そのため、意識せず心臓を動かせるようになったら、「良い創作物を作る」ための訓練をしたほうがいいと思います。 あなたにとって「良い」って何でしょうか。現実に生きるあなたが創作の世界に持ってこられるものは何でしょうか。ひたすら言語化してください。 そのための訓練は、観察メモです。自分なりの気付きを毎日メモするのです。内容は何でもいいです。素晴らしいものに出会ったときに何が素晴らしいのかを具体的に書いたり、街なかの違和感だったり。はたまた自分に目を向け、ちょっとした空想を書いたって構いません。人に公開する必要もありません。というかむしろ公開しないほうが自由に書けていいでしょう。 この観察メモを、毎日1つくらいは簡単に書けるようになってください。続けていると世界が自分のアウトプットと繋がってくる感覚があり、同時に世界の見え方が大きく変わってくるはずです。そしてその観察メモが創作者の脳になってきます。ですからこれも意識せずできるようになりましょう。 たくましい心臓と脳を手にすれば、あとは「訓練」なんかじゃなく、戦いたい場所が見えてくるはずです。見てこなければ観察メモが足りません。ですからぜひ観察メモも訓練に加えてください。
マシュマロちゃん
匿名でマシュマロちゃんさんに
メッセージをおくる

マシュマロちゃんさんの過去の回答