マシュマロちゃん
マシュマロちゃんさんの回答
「作業の楽しさ」と「結果の楽しさ」を分けて考えるといいかもしれません。 小説執筆って作業中は苦しいことも多く、書き上がってからすべてが「楽しさ」に転化するんですよね。 「作業の楽しさ」をがっつり犠牲にすることで、「結果の楽しさ」をがっつり得る行為とも言えます。 ですから目の前の「作業の楽しさ」に注目すれば、億劫に感じるもの至極当然のことです。 まずは「結果の楽しさ」に注目して、わくわくしてください。 それができたら「作業の楽しさ」を容赦なく生け贄として捧げ、素敵な作品を召喚しましょう。
マシュマロちゃん
匿名でマシュマロちゃんさんに
メッセージをおくる

マシュマロちゃんさんの過去の回答