マシュマロちゃん
マシュマロちゃんさんの回答
それは計画性というより、決めたことをやり切る力の問題ですね。 これって多くの場合「やり切る力」の強めることが重要視されがちですが、「決めたこと」を強めるほうが重要だと思っています。 「やり切る力」は結局意志力の問題になってしまい、問題の原因としては妥当でも解決の糸口にはならないんですよね。 「決めたこと」を強くするというのは、事前に複数のパターンを想定し、「それでもやる」と決めておくことです。 意志力なんていう曖昧な力ではなく、事前の想定と決断という明確なものです。 それはつまり、「覚悟」のことでもあります。 この覚悟が弱いと、何かを失いそうになったときに揺らぎ、いくらやり切る力が強くても、やり切ることが難しいでしょう。 できるとしても、いちいち決断に時間がかかり、費やした労力の割に大した結果を得られないものです。 一方で「何かを失おうと構わない」と覚悟していれば、そんな状況でも揺らがずにいられるかと思います。 揺らいだとしても、短時間で済みます。 決断ほど人生で時間を食うものはありませんから、決断で時間を短縮できれば少ない労力で大きな結果を得られます。 ですから進むことは失うことと同義だと腹をくくり、計画と覚悟をセットにしておくのをおすすめします。
マシュマロちゃん
匿名でマシュマロちゃんさんに
メッセージをおくる

マシュマロちゃんさんの過去の回答